chaako's

L.A.が舞台の海外ドラマと海外セレブゴシップが大好き♥

ソフィア・コッポラ作品「椿姫」日本上演!作品、ファッションも気になる

      2018/09/11

スポンサードリンク

2018年9月9日から東京・上野にある東京文化会館で上演される「椿姫」。
女性映画監督のソフィア・コッポラが演出を手掛け、ヴァレンティノ・ガラヴァーニが衣装を担当するということで以前から話題になっていました。

予告編。

ヴェルディ:歌劇《椿姫》全曲

ということで、今回とりあげたいのはソフィア・コッポラ(47)。
ガーリーカルチャーの先駆者ということで有名すぎる彼女ですが、いつだってソフィアが気になる!
Image via Washington Post

生年月日や彼女の生い立ちはウィキペディアに詳しく書いてあるので、そちらを見ていただくとして、ここでは女優として活動していた過去や、いつも注目の的であるファッションまでまとめてみました☆

スポンサードリンク

ソフィア・コッポラの女優時代

ソフィアは子供時代、ゴッドファーザーシリーズを含む父親が監督する7作品「アウトサイダー」「ランブルフィッシュ」「コットンクラブ」「ペギー・スーの結婚」に出演。

ソフィアの父親フランシス・フォード・コッポラが監督を務めた映画「ゴッドファーザーⅢ」で主人公マイケルの娘を10代後半の時に演じて、ゴールデンラズベリー賞(ワースト助演女優賞/ワースト新人賞)を受賞してしまったことは有名。
親の七光りのやっかみもあったのかなと思いますが、たしかに大根演技が光っていました。

「ゴッドファーザー」ⅠとⅡにも赤ちゃん役で出演してます。
ゴッドファーザー ベストバリューBlu-rayセット (期間限定スペシャルプライス)

さらに1999年の映画「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」にサーチェ役で出演した際にも、ゴールデンラズベリー賞の最低助演女優賞にノミネートされてしまっています。

これらのことで女優業には懲りたのか、女優としての出演はこれ以降ありません。
(兄ロマンの監督した「CQ」には特別出演したようですが)
そりゃこれだけボロクソの評価されたら傷つきますよね・・・。

ソフィア・コッポラのモデル時代

90年代前半は、「Seventeen」や「YM」といった雑誌でモデルもしていました。
この頃かな?
ソフィアの身長は162cm。
ソフィアは昔からアメリカ人ぽくない華奢なスタイルですね。
Image via iwanttobeacoppola.com

幾つかのミュージックビデオにも登場するようになります。
演技をさせるとイモっぽいけど、この辺りから彼女の"ミューズ"としての才能が開花してる気がします。

ソニック・ユース「Mildred Pierce」

The Black Crowes「Sometimes Salvation」

The Chemical Brothers「Elektrobank」

マドンナ「Deeper And Deeper

ソフィア・コッポラのデザイナー時代

カリフォルニアにあるセント・ヘレナ高校を卒業し、ミルズ大学へ進んだソフィアはフォトグラフィ(写真術)を専攻。
カリフォルニア・インスティテュート・オブ・ザ・アーツでは絵の勉強もしました。
その後大学を中退し、洋服ブランド「Milkfed」をスタートさせました。

mini特別編集 MILKFED. SPECIAL BOOK 2018 Fall (e-MOOK 宝島社ブランドムック)

ソフィア・コッポラの監督作品

1999年、少女たちのたわいのない日常を描いた映画「ヴァージン・スーサイズ」で監督デビュー。
ヴァージン・スーサイズ [レンタル落ち]
おしゃれなソフィアは選ぶ音楽もセンス良し。
ヴァージン・スーサイズ オリジナル・サウンドトラック

2003年の「ロスト・イン・トランスレーション」で2作目にして、高い評価を得る。
異国で孤独感を感じる感覚をナナメ上から描いたこの作品は、アカデミー賞をはじめ、数々の映画賞を総ナメにしました。
ロスト・イン・トランスレーション [DVD]

2006年「マリー・アントワネット」はまさにソフィアの世界。
たしか、マカロンで有名なラデュレがこの映画でお菓子を担当したんですよね。
マリー・アントワネット (通常版) [DVD]

2010年「SOMEWHERE」は、ソフィアのお気に入りの実在ホテル「シャトー・マーモント」が舞台。
主人公は男性(スティーヴン・ドーフ)だけど娘(エル・ファニング)のファッションが可愛い。
somewhere [DVD]

2013年「ブリングリング」は、アメリカに実際に存在したセレブの豪邸で窃盗を繰り返す若者グループを描いた犯罪映画で、一見ソフィアっぽくない題材かなと思いきや、ファッションや音楽はやっぱりオシャレ。
ブリングリング (字幕版)

2017年「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」は、1971年の「白い肌の異常な夜」のリメイクであることと豪華なキャストが話題になりました。
ちなみに、父フランシスはリメイクが嫌い。
ソフィアは美術監督の友人アン・ロスにすすめられてリメイクを撮ることにしたとか。
The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ [DVD]

白い肌の異常な夜(続・死ぬまでにこれは観ろ!) [DVD]

スポンサードリンク

ソフィア・コッポラのファッション

ソフィアと言えばとにかくシンプル。
レッドカーペットにも黒をチョイスしてくることが多い。
そのぶん、デザインはフリルなどの女らしいものを選ぶ傾向もありますね。
下に選んだのは、私が好きな普段着っぽいソフィアのスナップです。

昔見たソフィアのファッションスナップで、ツイードジャケットにジーンズを合わせてるスタイルがめちゃくちゃオシャレで好きでした。
最後の写真が雰囲気近いかな。

  • 「ロスト・イン・トランスレーション」撮影現場

ソフィア・ファイル SOFIA・FILE

ソフィア・コッポラの名前がついたワインがある?

最後に、ソフィアが映画界の巨匠である父フランシス・フォード・コッポラに溺愛されているのがよくわかるエピソードを。

ソフィアが幼い頃にフランシスが「大きくなったらお前のためだけのワインを造る」と約束し、実際に造られたワインがこれ。
フランシス コッポラ “ソフィア" リースリング モントレー カウンティ 750ml

フランシス コッポラ “ソフィア" リースリング モントレー カウンティ 750ml

まとめてみたらますますソフィアの魅力にとりつかれてしまいました♡
最新作で「椿姫」でのオペラ演出のように、これからもどんどん新しい試みで見るものを魅了し続けてくれるハズです!

ソフィア・コッポラ写真集 SC

スポンサードリンク

 - 映画